代理店募集で失敗しない為の準備

経験のある分野や得意なジャンルの商材を探すこと

あせらず気長に続けることが大切

フランチャイズをはじめとする代理店事業は、他の事業と比較すると成功事例が多く、失敗する確率が低いとも言われています。

代理店事業では通信・美容・保険・健康・介護など、多彩な業界・業種の代理店ビジネスがあります。その中から、どのような業種・業界を選んだら良いのか、自分の得意分野や適性を十分に踏まえた上で慎重に判断する必要があります。

「代理店ビジネスは成功率が高い」という固定観念にとらわれすぎると、開業後に思わぬ失敗を招くケースもあります。「代理店募集の案件に応募して事業立ち上げまでは順調な滑り出しだったのに、開業後に利益が上がらない」といった失敗を招くことのないようにご注意下さい。

「なんとなく儲かりそうだから」「人気の高いメーカーだから」といった曖昧な気持ちのままで、新しい事業を立ち上げても成功を収めるのは難しいでしょう。代理店募集の案件に応募する前に、代理店ビジネスに関する専門的な知識をしっかり身に付けておくことが重要です。

代理店ビジネスをスタートしてから事業が軌道に乗るまでには長い時間と労力を要することもあります。

短期間で利益を上げるのはまず難しいので、長期的なスタンスで捉えてあわてず焦らず、地道にコツコツ気長に続けていくことが大切です。

商材選びは慎重に

代理店募集サイトに登録して案件に応募する際に、「低コストで始められる」「未経験者でも成功事例多数」といったフレーズが目に留り、目先の条件だけを重視して安易に応募しては失敗するケースも少なからずあります。

代理店事業で成功を収めるためには、どのような分野で代理店ビジネスを立ち上げるのか、慎重に判断すべきです。

代理店事業における商材を大きく2つの分野に区分すると、化粧品や健康食品などのように商品としての形のある有形商材、通信・金融・保険・人材紹介サービスなど、商品としての形を持たない無形商材があります。

多彩なジャンルの代理店募集案件がある中で、何がもっとも自分に適しているのか考えてみましょう。これまで保険会社に勤務していた人は、これまで培ってきた知識や営業力を発揮できることから、生命保険・損保・自動車保険の代理店として新たに事業を立ち上げるケースも多いです。

化粧品や健康食品などの有形商材の場合は、商品を販売するだけではなく仕入や在庫管理を行います。

一方、生命保険や自動車保険の代理店の場合は、商品としての形がないため、商品の仕入や在庫管理は不要ですが、多くの顧客と契約を取り交わして長期的に継続させることが重要となってきます。