【代理店募集】脱サラ生活は幸せ?

脱サラ生活のメリットは自分らしく働けること

自分の時間を自由に使える

「長年に渡って会社員として勤務してきたけれど、人に雇われることなく、もっと自分らしく働きたい」「会社員として働き続けることに不満と不安を感じる」などの理由で、会社を退職して脱サラする人も増えています。

定年間近になってから脱サラする人もいれば、数年間勤務して脱サラする人もいます。会社を退職した後の働き方は久それぞれさまざまな違いがありますが、実際に脱サラ生活をしていて満足感が得られているのでしょうか。

そこで、脱サラのメリットや脱サラの適性について考察していきます。これまで会社員として働いてきた人は朝早くから夜遅くまで忙しく仕事に追われてきました。

勤務先の会社の就業規則に従い、平日は残業や休日出勤で自分の時間を確保するのが難しい時期もありますが、脱サラによって自分の時間が持てるようになり、時間を自由に使えるようになります。

会社員として働く場合は、上司・同僚・部下との人間関係が難しく、仕事以外の面では年末年始の忘年会や新年会、社員旅行やレクレーションなどのお付き合いもあります。

脱サラした後はこのような仕事関係のお付き合いに煩わされることも少なくなります。

脱サラ後はやりたい仕事ができる

会社員として働く場合、自分の意思で部署や仕事の内容を選択することができません。

自分は営業職には向いていないのに営業の部署に配属され、ノルマをこなすのが大変でストレスになり、退職するケースも多いです。

会社員として仕事をしていて満足感が得られない場合、脱サラすれば自分が本当にやりたい仕事を始めることができるので、仕事のやりがいが得られるでしょう。

ただし、脱サラには向き不向きがあり、「脱サラすれば誰もが仕事をやりやすくなる」とは断言できません。脱サラに向いている人は、やりたい仕事が決まっている人、根気と意思の強い人、向上心の高い人です。

会社を退職してから代理店事業を経営する人も多く、成功事例も多数あります。保険・通信・美容 (化粧品など)・健康食品などの業界では代理店募集の案件を出している企業も多いです。

脱サラ後に代理店事業に人気が集中する理由として、ノルマがなく、低コストで経営が成り立つことが挙げられます。