宮田村における豚コレラ発生について

投稿者:

豚コレラの発生に係る野生イノシシへの対応について

野生イノシシによる豚コレラウイルス感染拡大の防止を図るため、家畜防疫対策の一環として農政部が実施する感染確認検査が上伊那郡宮田村豚コレラ発生農場を中心とした半径10km以内の区域で実施されます。

⇒ 豚コレラの発生に係る野生イノシシ対策についてはこちらをご覧ください
⇒ 捕獲いのしし調査対象区域はこちらをご覧ください

⇒ 長野県の対応状況はこちらをご覧ください


豚コレラの発生状況

2月6日に宮田村内の養豚場において、家畜伝染病である豚コレラの患畜が確認されました。
豚コレラは、豚、イノシシの病気であり、人に感染することはありません。

異常のある野生のイノシシを発見した際は通報をお願いいたします。

食品安全委員会の見解によれば、仮に豚コレラにかかった豚やイノシシの肉等を食べても人体には影響はないとされています。

正確な情報に基づいて冷静に対応していただくようお願いたします。

なお、町内には養豚施設や豚の飼育はありません。


豚コレラの発生に関する情報について

⇒ 豚コレラについてはこちらをご覧ください(農林水産省)

⇒ 豚コレラの情報についてはこちらをご覧ください(長野県伊那家畜保健衛生所)


【問い合わせ先】
長野県庁園芸畜産課
TEL:026-235-7232

【記事元】
産業振興課 農政係
TEL:0265-86-3111(代)内線161,162
FAX:0265-86-6781

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です