新年あけましておめでとうございます

投稿者:

新年あけまして、おめでとうございます。

町民の皆様方には、ご壮健にて希望に満ちた新春をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。
平素町政推進のために寄せられております、皆様のご支援、ご協力に対し心から感謝とお礼を申し上げますとともに、本年も一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

昨年は、2月の平昌オリンピックで、スピードスケートの小平奈緒選手が日本女子初となる500mでの金メダル獲得、続く女子団体パシュートでも、菊池彩香選手が金メダルを獲得されるなど、長野県出身選手が大いに活躍をされました。
また、7月の大相撲名古屋場所では、木曽郡上松町出身力士である御嶽海関が初優勝を飾り、大きな賜杯を手にされました。町内でも多くの皆さんが連日の取組を固唾を飲んで見守り、また声援を送っていたのではないでしょうか。
さらに9月には、昭和伊南総合病院の消化器病センター所長であり、飯島町鳥居原出身の堀内朗先生がイグ・ノーベル賞 医療教育賞 を受賞されました。先生にはこれからも内視鏡検査を通じ、地域医療の守り手として今後のさらなるご活躍を願うばかりです。

国内の情勢は、景気の上向き感が公表される中で、各種政策の効果を期待しつつも、行き過ぎたグローバリズムが世界に与える影響、海外経済の不確実性、金融資本市場の変動の影響などに留意する必要がある、としています。安倍政権の継続による景気回復基調の維持を期待するところでございます。

さて、飯島町の一年を振り返りますと、まず第一に、平成元年から始まった「平成の大事業」国道153号伊南バイパスが全線開通し、11月17日から全線が供用開始となりました。地権者の皆様をはじめ、国や県、関係各所の皆様方との連携や、お力添えを賜りながら成し遂げられた、飯島町の一大事業でございます。
今回供用開始となりましたのは、田切中央交差点から駒ヶ根市辻沢(つじさわ)交差点までの1.8km区間であり、そのうち990mが田切地区の上空を渡る中央アルプス大橋です。この中央アルプス大橋を飯島町と駒ヶ根市とを結ぶ天使(キューピット)に見立て、「天使の回廊」として大いにビューポイントをアピールしてまいりたいと思っているところであります。
両者を繋ぐ友好の懸け橋からの眺望は誠に素晴らしく、東に南アルプス、西に中央アルプスをいただき360℃に広がるアルプスの大パノラマは、世界に誇る美しさだと自負しております。是非ともご自身の目で堪能していただき、また、何度も訪れていただきたいと思っております。

一方、今年の夏は大変な酷暑となり、全国の学校や保育園で過ごす児童、生徒の体調を気づかう声が高まりを見せました。また大型の台風は何度も接近し、住民の皆様の「安全」「安心」を守るため、各区や自治会の皆様にご協力を仰ぎ、避難所の開設をお願いするなど、防災・減災に取り組んでまいりました。
台風の接近に伴い、農作物への影響も心配されたところですが、農業用水路の早期復旧作業にもご尽力をいただきながら、無事に秋の収穫を迎えられましたことは、ご同慶に堪えないところでございます。

町行政につきましては、各種の懸案を着実に実行することが出来ました。
それぞれのお立場からご理解、ご協力、ご参加いただいた皆様に厚くお礼を申し上げる次第でございます。

さて、迎えた平成31年は、「平成」最後の年となります。今年の春には、新しい元号が定められます。文字どおり新たな時代の到来です。
2020年には東京オリンピック、2025年には大阪万博が開催され、2027年にはリニア中央新幹線の開通が予定されており、世界ばかりでなく日本国内の人の動き、情報の流れも加速度的に変化の波が押し寄せてまいります。

飯島町では、現在、第5次総合計画、後期基本計画に基づき、町の将来像『人と緑 輝くふれあいのまち』を目指して、「みんなが安心して暮らせる豊かなまち」となるよう、福祉増進事業・産業振興事業・安全管理事業の3大事業の推進により、重点施策の3本柱「風通しのいい行政」へのチャレンジ・「儲かる飯島町」へのチャレンジ・「田舎暮らしランキング日本一」へのチャレンジに取り組んでおりますが、平成23年から32年までの10年間を定めたこの総合計画も、残り2カ年を残すのみとなり、平成31年度からは新たな町の方向性を定めていく時期に入ってまいります。

時流に乗り遅れることなく、スピード感を持った行政経営が求められることを常に念頭に置きながら、飯島町が世界に誇るステージを作り上げていく方策を、町民の皆様とともに考えてまいりたいと思っております。

とはいえ、まず、第一に考えなければならないのは、安全安心なまちづくりであることは言うまでもありません。
町民の皆様の幸せと活力ある町の発展のため、本年も精一杯取り組んでまいります。
ぜひとも町民の皆様の一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

新しい年が皆様にとりまして、また、飯島町にとりましても、更に良い年でありますよう、心からご祈念申し上げまして、年頭のご挨拶といたします。

飯島町長 下平洋一

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です