議会広報委員会視察研修

投稿者:

7月12日・13日と全国町村議員会館において「住民に分かりやすい議会だよりか」の講義を受け、議会だよりのクリニックを受けてきました。講義では、

  • 住民の知りたいニーズに応えているか
  • 住民視点での編集か
  • 住民に情報が伝わる表現か

を学び広報クリニックでは、9町村の中で受けました。

81号議会だよりのクリニックを受けましたが、表紙の次のページに目次と一般質問の順番と内容を掲載してあります。そこでの評価が、「目次を見れば掲載情報が住民に伝わり紙面誘導も図られていて良い。また予算情報冒頭には町長の考えや議会の結論を配置し、議会の担う役割が住民に伝わっていて良い。」との評価を頂きました。委員会では、縦書きから横書きへ挑戦をしてきましたが、これからは、「横書きが主流になって行くと言うことから他町村も参考にして下さい。飯島町は更に頑張ってください。」との評価も頂きました。嬉しい評価の反面、今まで見やすさ・読みやすさを目標にきましたが、今回視線の流れ・情報の配置・情報の概要から詳細へ理解が図れるような文章の追加をするようにとの指摘をされました。住民目線で作ってきたつもりだったことを深く反省いたしました。この指摘を受け、今後もモニターさんのご意見、各委員長さんのご協力のもと住民目線で読みやすく、多くの住民に読んでいただけるような議会だよりに努力してまいります。


【問い合わせ先】
議会事務局
TEL:0265-86-3111(代)内線230,231
FAX:0265-86-4395

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です