東京飯島会が開催されました

10月15日(日)東京都千代田区麹町スクワール麹町にて、東京飯島会が開催されました。

東京近郊在住の飯島町出身者約90名、町内から21名が参加。出身地区ごとにテーブルが用意され、参加者は同郷の思い出話に花を咲かせました。

会の催しとして、飯島町親善音楽家で、町発足60周年にあたり組曲「飯島」を作曲していただいた竹下正登氏によるフルート演奏が行われました。

この日の演奏のためににカルテットを結成し、組曲「飯島」を披露いただきました。

町内から同会に参加した上村清隆さんは、9年程前に飯島町内に移住し「自然酵母パンChocotan」を経営されています。上村さんからは飯島に移住した経過をお聞きしし、東京近郊に住む参加者は興味深く話を聞いていました。

また、町内から参加した「信州招福まちおこし隊」の皆さんによるひょっとこ踊りも披露され、会場を盛り上げました。

会場では飯島町営農センターが栽培拡大に取り組む減農薬・減化学肥料栽培で作った「環境共生米」や千秋、シナノスイートといった今が旬のりんごの特産品販売も行われ、完売しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です