議会広報委員会の視察研修を行いました

投稿者:

京都府精華町(10月3日)

精華町は、議会改革の先進地として「平成28年度町村議会特別表彰」を受賞しており、住民に開かれ、情報公開の進む議会を学びました。

議会広報は、住民にわかりやすい誌面・読んでもらえる広報を目指していました。
表紙は解放し、町内の文化クラブへ委託しており、撮影者の紹介と一言も掲載しています。
インパクトと見やすさを重視し、ページレイアウトもパターン化されていました。

 


けいはんなオープンイノベーションセンター視察(10月3)

同センターは、スマートコミュニティの形成に関わる分野の研究拠点化を目指しています。

当初、2003年に建設費581億円で、若年者雇用対策の推進「私のしごと館」として設置され、2010年に営業を終了し、国有財産となりました。
2014年に京都府へ譲渡され、現在管理されている略称(:KICK)の林支所長から説明を聞きました。

圧倒的な存在感


大阪府河南町(10月3)

河南町は、「町村議会広報表彰・表紙写真賞銅賞」を受賞され、議会広報の表紙写真あり方などを学びました。

表紙写真は、人物を遮らず文字や黙示録が記載されており、当町でも取り入れたい表紙になっていました。
また、町内の隠れた名人を紹介する「人」シリーズを掲載し、議員自らが取材を行う取り組みをされていました。


【問い合わせ先】
議会事務局
TEL:0265-86-3111(代)内線230
FAX:0265-86-4395

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です