ごみの減量化にご協力下さい

投稿者:

長野県は、一人一日当たりのごみ(一般廃棄物)排出量の少なさランキング」で平成26年度・27年度と二年連続で日本一になりました。
(平成27年度実績:836グラム)

これからも日本一であり続けるために、引き続きごみの減量化にご協力をお願いします。


「残さず食べよう!30・10運動」について

長野県では、ごみ減量の取り組みとして、食品ロス削減と生ごみ減量に向けた「残さず食べよう!30・10運動」を行っております。飯島町でもこの運動に賛同し、取り組みを行っていきます。

これは、「宴会開始の30分間と、お開き前の10分間は自席で料理を楽しみ、きちんと食べきる事で食べ残しを減らしましょう」という運動です。

宴会の席については、幹事さんからの呼び掛けや、料理の注文前に食べ切れる量でのコース設定を検討するなどしていただき、参加者側も開始早々お酌に回るのではなく、きちんと料理を食べてから回る様にご協力下さい。

⇒ 長野県:「残さず食べよう!30・10運動」はこちらをご覧ください


ごみ減量のメリット

ごみの処理には費用が発生しています。減量する事で処理に必要な費用の削減に繋がります。また、処理施設の負担も軽減される事で施設を長く使う事が出来ます。


「信州ごみげんねっと」の開設について

「信州ごみげんねっと」とは、県内のごみ減量に関する情報や食品ロス削減に関する情報を提供する「ごみ減量情報発信サイト」です。
「ごみ減量日本一」の継続を目指して、ごみの減量化にご協力ください。

下記バナー・QRコードよりアクセスできます。


【問い合わせ先】
住民税務課 生活環境係
TEL:0265-86-3111(代)内線157
FAX:0265-86-2225

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です