長寿のお祝い 敬愛訪問

9月4日~5日、今年度中に100歳・88歳を迎える方に、国や県からの祝状の伝達や、町からの祝金をお渡しする敬愛訪問が行われました。今年度、町内で100歳を迎えられる方は5人、88歳の方は70人となりました。

大正8年11月生まれの城田修二さん(南仲町)は今年11月に100歳を迎えられます。
8月4日、城田さんのお宅に下平町長が訪問し、国や県、町からの祝状等を贈呈しました。

100歳とは思えないほどの元気な姿を見せてくれた城田さん。この日の敬愛訪問を楽しみにされ、昨日は眠れなかったと笑顔で話されました。食べ物の好き嫌いはなく、毎朝新聞を読みながら、頭を使うために数字を書き写しているといいます。

これまでの人生について城田さんは「忙しく歩きながら山を登り、振り返ったら100歳だった。とてもうれしい気持ちでいる。」長寿の秘訣については「一人で生きることはできない。地域の人、周りの友人があってこそだが、一番は家族の協力。家族のおかげでいい人生を送れている。本当に感謝している。」と話しました。


過去の記事はそれぞれ下記をご覧ください


2018年のまちかどトピックスはこちらをご覧ください

2017年のまちかどトピックスはこちらをご覧ください

2016年のまちかどトピックスはこちらをご覧ください