市町村対抗駅伝 出場チーム激励会

4月27日に開催される、「第29回長野県市町村対抗駅伝競走大会」「第15回長野県市町村対抗小学生駅伝競走大会」飯島町出場チームの激励会が行われました。

「第29回長野県市町村対抗駅伝競走大会」では、中学生男女~一般男女が9区間、42.195㎞のタスキをつなぎます。
「第15回長野県市町村対抗小学生駅伝競走大会」では、小学生男女が4区間、6.1㎞を走ります。

激励会では、小中学生の出場選手が集まり、それぞれが大会への抱負を語りました。

飯島町チーム監督の北村さんは「昨年よりも一つでも順位を上げられるように準備をしていきたい」

昨年の大会で、町の部4位となり、惜しくも入賞を逃した小学生チーム監督の北澤さんは、「今年は入賞を目指して頑張りたい」と話しました。

下平町長は「補欠選手を含めて一つのチームとして、走りぬいてほしい」と激励の言葉を送りました。

大会は4月27日、午前10時10分から松本市松本平広域公園陸上競技場にて開催されます。


過去の記事はそれぞれ下記をご覧ください


2018年のまちかどトピックスはこちらをご覧ください

2017年のまちかどトピックスはこちらをご覧ください

2016年のまちかどトピックスはこちらをご覧ください