もしものための耐震シェルター

住宅の地震対策には耐震改修工事のほかに、家屋が倒壊しても一定の空間を確保することで命を守る装置「耐震シェルター」があります。

「耐震シェルター」は大きな地震による住宅の倒壊から身を守り、安心して生活するため、住宅の一部屋にフレーム等を設置することにより、安全な空間をつくる装置です。
工事期間が短く、費用を抑え、住みながらの工事が可能である耐震シェルターを、もしものために考えてみませんか。

飯島町ではこの耐震シェルター等の設置に対し補助を行っています。補助金の額は、シェルター等の購入費、運搬費、工事費等の費用の2分の1の額で20万円が限度となります。

役場庁舎内及び町文化館エントランスホールにて耐震シェルターの実物を展示しております。
展示期間は役場庁舎が平成30年9月中旬まで、町文化館は平成30年8月28日までとなっています(閉館時を除く)。
ご興味のある方はぜひご覧ください。

詳細は、建設水道課調査計画係までお問合せください。

⇒ 飯島町耐震シェルター等設置事業補助金についてはこちらをご覧ください


過去の記事はそれぞれ下記をご覧ください


2017年のまちかどトピックスはこちらをご覧ください

2016年のまちかどトピックスはこちらをご覧ください