おもてなしの気持ちを伝える ~飯島PR隊が横断幕作成~

5月28日、町内小学生有志で組織する「飯島PR隊」の26人が、町をPRする6メートルの横断幕づくりを町文化館にて行いました。

現在、飯島・七久保小学校から、学年を超え59人が集まり活動を行っている飯島PR隊。その活動の一環として、来町者へおもてなしの気持ちを伝えるための横断幕を昨年に引き続き作成しました。

4グループに分かれ、町の魅力を伝える言葉やデザインなどを話し合い、グループ毎に制作に取り組みました。「いいじままじいい」「四季がきれいな飯島町」「おいしいものがいっぱいいいじままち」などの言葉とともに、内容にあったイラストをペンキで描きました。

昨年も横断幕づくりに参加したという沢田瑛太くん(飯島小学校5年生)のグループは「歴史が学べるニコニコ飯島町」という言葉に、飯島陣屋やコスモス等を描きました。沢田くんは「前回は歴史というテーマがなかったので、歴史のある町をPRしたかった。飯島陣屋を大きく描いて目立つように工夫をした。飯島町にもっとたくさんの人が来てくれたらいいです。」と話しました。作成した横断幕は町内幹線道路に設置予定です。


過去の記事はそれぞれ下記をご覧ください


2017年のまちかどトピックスはこちらをご覧ください

2016年のまちかどトピックスはこちらをご覧ください